子供の矯正歯科

いつから子供の矯正歯科を始めればいいの?

東京世田谷矯正歯科センターでは小学校前から歯の矯正できるのですが、ひとつの目安として「5~7才になって前歯の永久歯が生えてきたらまずは矯正歯科に相談する」ことをオススメします。

要注意な永久歯の前歯の生え方

7歳を過ぎても上下の前歯4本ずつ合計8本の永久歯の前歯が生えてこない。

  • 顎の大きさが小さいと歯が生えてこないで埋まったまま、もしくは永久歯が先天的に無い場合があります。永久歯が先天的に無いということは珍しいことではなく最新の研究でも7~10人の子供に1人の割合で見られます。中には1人の子供で11本も永久歯がない子供もいます。

歯がねじれた状態で生えている。

  • 前歯の永久歯がねじれた状態をアグリー・ダックリング・ステージ=みにくいアヒルの子の期間」と言って成長に伴って改善するから大丈夫という意見の歯科医師がいるのですが、私の矯正歯科歯科医経験では改善せずにそのままの歯並びで大人になる場合が多いです。恐らく前歯が生える力が弱くなってきているためと思われます。そのため、東京世田谷矯正歯科センターでは早めに矯正治療を推奨しています。

永久時が生えた後に前歯の隙間が残っている。

  • このような場合は、永久歯の本数が足りない場合が心配されます。

子供の矯正歯科を始めるメリット

  • 歯並びがキレイになることで、自分の笑顔に自信が持てる。
  • 大人になって心配な虫歯や歯周病の原因となる歯垢が溜まりにくい歯並びになる。
  • 子供の矯正歯科することで歯を抜かずにキレイにできる場合がほとんどです。
  • 成長をコントロールしながら歯の矯正するために、大人から矯正歯科する場合と比較してよりキレイになります。

子供の矯正歯科を始めるデメリット

  • 永久歯が生え揃っていないため、治療期間としては長めになりがち

子供の矯正歯科コラム

 古い矯正の固定観念からみると、小さな子供にプレート(子供用の矯正装置)を入れるなんてかわいそう、というように感じる方もおられると思います。
 しかしこれはまったく反対なのです。年令が低いほどプレートに慣れて、プレートを入れるのに抵抗を感じません。プレートを入れている子は皆、得意になっています。将来かならずカッコイイ子、きれいな子になるためのものだからです。
 低年齢の子供でもそれなりに目的意識を持ちます。目的があれば、歯並びに限らず、生活習慣の中に‘努力すること’を会得します。
また、子供の矯正歯科は歯並びを良くするだけでなく、顔の形を整え小顔にし、虫歯なしの丈夫な歯を育て、お子様に一生物の財産を与える事にもつながる治療といえます。

虫歯なし、歯並びきれいのスーパースターを育てます!
 小さい時から歯並び管理を継続し、どの子も美しく表情豊かに成長しました。眼から下はすでに上アゴの骨です。よい歯並びと正しい咬み合わせにしたことでアゴの骨も理想的な形になっています。歯だけでなく唇やアゴも美しい形をしています。

小さい時から歯並びの管理とムシ歯予防していた真っ白な歯。13歳。

お兄ちゃんも歯列育形成で完全な歯並び。二人とも私立有名校で虫歯なし。小学5年生。

本人の水泳はプロ級らしい。苦手な私にも教えて!全身のびのびしている。小学3年生。

むし歯などなったことなし。南国系の健康的な少女。小学5年生。

 大人からの矯正というものはキレイになりますが、成長が止まっているため治したくても治せない部分があり、そのような部分は技術で補正して治療しています。その点、子供の矯正歯科では成長をコントロールしながら、不正なかみ合わせを予防するように治療していますのでより完璧な歯並びを得る事ができるのです。また、虫歯になりやすい時期を継続的に予防することで、日本人にはほとんど見ることのない完全なカリエスフリー(虫歯なし&虫歯治療経験もなし)を作る事を目指します。この治療は最新の子供矯正歯科技術です。

歯並びや顎のズレが顔全体に及ぼす影響

全な咬み合わせとは :
もちろん見た目も美しい歯並びです。だからアゴや唇もきれいな形となります。アゴのズレをなくし、奥歯も正しい咬合となっていなければなりません。
もしアゴのズレがあったら :
アゴのズレがあると、上下のどちらかが前に出ていたり、へこんだりしています。両方の場合もあります。これは前後的なズレです。また横のズレもあります。横のズレがあると顔が少しまがっています。アゴのズレがあると姿勢が悪くなったり、体の的確な動きや瞬発力にも影響すると考えられています。今、日本人の子供たちを厳密にしらべると、多少なりともアゴのズレがあることが多いのです。
はじめからよい歯並びになる条件 :
よい歯並びにするには、歯を植えている歯槽骨の形や位置の微妙な問題点を正しくしなければなりません。わずかなアゴのズレも幼児期に診断できます。幼児期のわずかなアゴのズレは将来大きなズレとなっていくことが多いのです。これを成長のパターンといいますが、この成長のパターンも推定できます。低年齢の幼小期から続けて子供の矯正歯科すると、これらの問題が解決できるのです。
始めからよい歯並びにすると :
歯並びがきれいなだけでなく、唇の形やアゴのシルエットも美しくなります。それは骨がよい形になっているだけでなく、上下のアゴの骨の相互の位置関係や歯列弓(歯並びのアーチ)が頭蓋に対して調和のとれた位置にあるからです。
小学校でもうキレイ!1年生から自慢の私の歯並び。
子供の矯正歯科を継続している子供たちは、小学校の時に生えてきた前歯がきれいな状態になっています。そして奥歯で上下が正しく咬合しているので身体の運動機能もよく、動作がきれいなのが特徴。小学生の頃からすでにそのキャラクターや主張が重要視される時代に、子供の立場からみると、子供の矯正歯科は大切な意味があります。